特例有限会社 解散の登記、清算人の登記、清算結了の登記

特例有限会社の解散、清算人、清算結了の登記に特化しました。登記手続、必要書類について解説します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

清算結了の登記の注意点

解散した日から2ヶ月間を経過する前の清算結了の登記の申請は却下される点に注意しましょう。

清算を行うには、会社を代表する清算人は、解散後に遅滞なく、清算する株式会社の債権者に対して一定の期間(2ヶ月以上の期間)を定めて、官報に掲載して債権申し出の公告をしなければなりません。

さらにわかっている債権者にはそれぞれに催告する必要があります(会499Ⅰ)。

そして、会社解散後、少なくともその2ヶ月内は、会社債権者に債務の弁済をすることが認められません(会500Ⅰ)。

したがって、2ヶ月たたないと、清算事務を終了することができないので、2ヶ月経過する前に清算結了の登記を申請しても却下されることになります(昭33.3.18民甲572号通達)。

●月●日に会社を清算したいという場合には、予め「2ヶ月間」を考えて計画する必要があります。



● 無料見積書、その他相談(依頼も含みます)がある方は


  >> 相談フォームへ






■ 事務所案内 ■
東京都中野区東中野4-6-7-610
電話 03-5876-8291
FAX 03-5876-8292
メール sihoshosi25@yahoo.co.jp
HP http://www.sihoshosi24.com/

スポンサーサイト
  1. 2007/08/29(水) 00:13:33|
  2. 清算結了登記
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。