特例有限会社 解散の登記、清算人の登記、清算結了の登記

特例有限会社の解散、清算人、清算結了の登記に特化しました。登記手続、必要書類について解説します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

設立直後の合同会社の解散登記

4月上旬に合同会社設立のご依頼をいただき、ご指定の日に設立登記を申請したところ…

あっという間に登記が完了しました。

とほぼ同時にご依頼をいただいていたお客さまから、その合同会社の設立登記をキャンセルできないか?という電話。

事情を聞くと、フランチャイズ方式で始めようとしていたところ、相手とのトラブルが発生して事業を始めるのをストップしたとのこと。

お電話をいただいた時にはもう登記が完了しており…こういう時に限って、登記手続きが早かったりします。

登記手続きが完了するまでであれば、申請意思の撤回ということで取り下げることも可能ですが、完了してしまえばそれもできません。

ということで、いったん顧問税理士に相談された上で、やはり、使い道がない会社を残しておくのはよくないということで、解散、清算をすることになり…

現在、書類を作成して押印をいただいているところ。

合同会社は設立するよりも、解散、清算するときのほうが費用がかかってしまうんですよね…。

スポンサーサイト
  1. 2014/05/03(土) 17:37:49|
  2. 解散登記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sihoshosip240.blog108.fc2.com/tb.php/34-8970a362
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。