FC2ブログ

特例有限会社 解散の登記、清算人の登記、清算結了の登記

特例有限会社の解散、清算人、清算結了の登記に特化しました。登記手続、必要書類について解説します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

株主総会の決議による特例有限会社解散手続

株主総会による解散の決議

1 いつやるか

 存続中の会社であれば、解散の決議は、いつでもすることができます。

「存続中の会社であれば」とわざわざ書いたのは、ほかの解散原因によって、すでに解散している場合を除くという意味です。

 また、解散決議が成立したとたん、会社は営業活動をすることができなくなりますので、いつ解散するかきちんとスケジュールを考えておく必要があります。


2 解散する理由にどんなものがあるか

たとえば、経営不振に陥り廃業する、事業を他に譲渡するなど事業の赤字・黒字を問わず自由に解散を決めることができます。

3 株主総会における決議

(1)何を決議するか
 (ア)解散すること
 
 (イ)清算人の選任


(2)決議の方法
解散する旨を決議と、清算人の選任の決議とで、決議要件が異なります。

■解散することについて

 株主総会の特別決議が必要になります。
 
 特別決議とは、
 総株主の半数以上が出席し(定足数)、
 (ただし定款でこれを上回る割合を定めていたときはそれによります)

 総株主の議決権の4分の3以上の賛成
 (ただし定款でこれを上回る割合を定めていたときはそれによります)

 が必要です。

 株式のほとんどを所有しているオーナー経営者であれば、その経営者の一存で解散の決議をすることが可能ですが、そうでない場合には傾斜の一存では解散の決議をすることはできません。

■清算人の選任について
 
 こちらは株主総会の普通決議です。

 議決権を行使できる株主の過半数を有する株主が出席し(定足数)、

 出席した当該株主の議決権の過半数
 (ただし定款に別段の定めがある場合にはそれによります)

 をもって行います。 




● 無料見積書、その他相談(依頼も含みます)がある方は

  >> 相談フォームへ







■ 事務所案内 ■
東京都中野区東中野4-6-7-610
電話 03-5876-8291
FAX 03-5876-8292
メール sihoshosi25@yahoo.co.jp
HP http://www.sihoshosi24.com/

スポンサーサイト
  1. 2007/06/30(土) 11:33:46|
  2. 解散登記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。