FC2ブログ

特例有限会社 解散の登記、清算人の登記、清算結了の登記

特例有限会社の解散、清算人、清算結了の登記に特化しました。登記手続、必要書類について解説します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

特例確認有限会社の解散の事由の廃止

会社法の施行前に設立した会社の中には、経済産業大臣から確認を受けて、最低資本金(当時、有限会社は300万円でした)規制の適用を受けない会社として、資本金300万円未満で設立した会社がありました。

そういう会社は確認有限会社と呼ばれています。

確認会社の定款には、
「資本の総額を300万円以上とする変更の登記若しくは株式会社、合名会社若しくは合資会社に組織を変更した場合にすべき登記をしないで設立の日から5年を経過したとき又は中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律の確認を取り消されたときに解散する」という規定が定めなければならないとされていました。

そして、この規定は登記されています

会社法が施行され、最低資本金制度は廃止されましたが、定款に定めたこの規定はまだ生きています。

会社法の施行により、上述した資本の総額に関する規制が撤廃されたことから、特例確認有限会社は、定款の規定を廃止する定款変更ができるようになりました




● 無料見積書、その他相談(依頼も含みます)がある方は

  >> 相談フォームへ







■ 事務所案内 ■
東京都中野区東中野4-6-7-610
電話 03-5876-8291
FAX 03-5876-8292
メール sihoshosi25@yahoo.co.jp
HP http://www.sihoshosi24.com/

スポンサーサイト
  1. 2007/07/12(木) 19:31:53|
  2. 解散登記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。